従来までの脱毛法と比較

アプローチ方法の違い

ディオーネのハイパースキン脱毛をより理解するために、従来までの脱毛法と比較をしてみましょう。まずハイパースキン脱毛が従来までの脱毛法と違うのは、毛にアプローチをするタイミングが異なります。ご存知の通り脱毛サロンでの脱毛には、毛周期が大きく関係しているのですが、従来までは肌の表面に生えている毛、またはいずれ抜け落ちる毛にアプローチしていくものでした。今後生えてくる毛には効果があらわれないため、そのために時期をずらして何度も脱毛サロンに通う必要があるのです。

しかし、ハイパースキン脱毛の場合は、毛が抜け落ちた後や毛が生える前の状態の毛穴にアプローチして脱毛をするものということで、脱毛に対する視点が根本から違うことがわかります。

脱毛可能スパンも短い

ディオーネのハイパースキン脱毛は、これまでとは違ったアプローチ方法で脱毛をしていく画期的な方法ですが、アプローチの違いによって従来までの脱毛法と、どういった違いが出てくるのかを考えてみましょう。

まず、肌表面の毛にアプローチをする従来までの方法では、毛乳頭に達する前に毛が焼ききれて、埋もれ毛を残してしまうデメリットがありました。
しかし、ハイパースキン脱毛の場合は毛が生える前にアプローチをするもので、焼くという概念もないため、このデメリットを心配する必要もありません。

さらに、従来までの脱毛法と違って高いエネルギーを使わないため肌への負担も少なく、従来までの方法が数ヶ月に一度のみということに対して、ハイパースキン脱毛は最短で3週間に一度の施術が可能です。



Copyright (C) 2014 ディオーネ研究室 All Rights Reserved.