ディオーネ研究室

痛くないだけではなく、傷まない

脱毛サロンのディオーネといえば、ハイパースキン脱毛は切っても切り離せない脱毛法です。ハイパースキン脱毛は、画期的な脱毛法となっており、痛くないだけではなく、傷まないを実現した脱毛法となります。

従来までのレーザーや光を使った脱毛法の場合は、痛みの少ない方法はあるにはありますが、どうしても肌の深部に小さな火傷を起こすなど、肌を傷つけてしまうものでした。これは、レーザーも光による脱毛も毛根や毛乳頭を破壊することが目的で行われるものなので、ある程度は許容しなければならないものだったのです。

しかし、ハイパースキン脱毛は、脱毛には多少なりの破壊が伴うという概念を根底から覆すことに成功した脱毛です。

高いコストパフォーマンス

ディオーネのハイパースキン脱毛は、これまでの脱毛とは原理そのものが異なっていて、ディオーネが注目したのが発毛する際の細胞分裂です。光を使うのは、レーザーや光脱毛などと同じなのですが、その光が特殊なもので、細胞分裂をストップさせる働きがある光となっています。これにより従来までの無理やり焼くという発想を覆すことに成功し、痛みと傷みを脱毛から取り去ることが達成されました。

毛根や毛乳頭の破壊が必要ないということは、破壊に使うエネルギーが必要ないということでもありますので、ただ単に肌を傷めないだけではなく、高いエネルギーを必要としないので低料金かつ高コストパフォーマンスを実現した、画期的な脱毛方法です。



Copyright (C) 2014 ディオーネ研究室 All Rights Reserved.